ディレクトリ同期を今すぐ実行する方法 – 2014年版

こんにちは、国井です。
2012年2月に「Office 365ディレクトリ同期を今すぐ実行」という投稿をさせていただき、
多くの方に見ていただきました。

最近、Office 365 (Azure Active Directory)とActive Directoryの間で実行する
ディレクトリ同期ツールによるディレクトリ同期を今すぐ実行する方法が変わったようなので、
備忘録代わりに乗せておきます。

 

ディレクトリ同期を今すぐ実行する場合、Start-OnlineCoexistenceSyncコマンドレットを実行しますが、このコマンドレットが

Import-Module DirSync

から呼び出されるようになりました。

ですので、次の2つのコマンドレットを実行すれば今すぐ同期が行えます。

image

結果はMIISClientツールから確認してみましょう。

image

大図↓

image

既定の3時間という間隔を待たず、すぐに実行されていることがわかります。

紹介 sophiakunii
国井 傑(株式会社ソフィアネットワーク)… インターネットサービスプロバイダでの業務経験を経て、1997年よりマイクロソフト認定トレーナーとして、IT Pro分野全般のトレーニングを担当。また、2006年から連続してMicrosoft MVP(Directory Services)を受賞している。主な著書に「プロが教えるWindows Server 2012システム管理」(アスキーメディアワークス)、「Windows Server 2008イントラネット構築ガイド」(CQ出版)、「PowerShellによるWindowsサーバ管理術」(ソフトバンク クリエイティブ)などがある。

One Response to ディレクトリ同期を今すぐ実行する方法 – 2014年版

  1. ピンバック: ディレクトリ同期を今すぐ実行する方法 – AADSync版 | Always on the clock

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中